なにかをするべきか考えるのと同時に、なにをやりたいかも考えたいですね。