ひよのキャラクターが定まり始めた一作

(海老蔵さんすみません)