残業する人が頑張っていないわけではありませんが、残業時間=頑張りの指標として捉えるのは危険ですよね。仕事を徹底的に効率化している人が評価されないわけですから。掛けた時間と仕事量は別物です。