安定を求めて動かないことこそが、もっとも安定から程遠い行為なのかもしれません。