就活生の方からご要望が多かったネタです。
ご要望と同時に就活がうまくいっていないという質問も多かったです。

「一般的な就活」は完全に向き不向きがあります。それは人としての能力や社会人として仕事ができるかどうかは関係ありません。
本来、行きたい会社に選んでもらうには差別化や独自の強みが必要なのに、「就活」では全員同じ服装な上、キャリアセンターが右を向けと言ったら右を向かなくてはならないような空気感があります。各企業はこういう空気を敬遠してると思うんですが、就活の攻略本やサイトがいかにも正解みたいな雰囲気でその空気を推進し続けてるのが大きな原因だと思ってます。

就活は結構おかしいところだらけで、それを知ろうが知るまいがそのルールの中でうまくやった人が内定を取っていきやすいものです。でも内定を取れることと人生の目的は全然違うところにあるので、就活で苦戦したからといって気に病む必要はありません。「就活」は働いてお金を稼ぐための手段の一つでしかありません。

偉そうに言いましたが僕も普通に就活をしていました。運良く東京に就職したのち、今は毎日鳥を描いています。